源泉所得税を期日までに納付しなかった場合の不納付加算税は・・・

源泉所得税を正当な理由なしに、期日までに納付しなかった場合は、
不納付加算税が発生します。

 ・税務署からの指摘で納付 → 納付すべき源泉所得税の、10%

 ・自主的に納付 → 納付すべき源泉所得税の、5%


ただし、冒頭に「正当な理由なしに」と記述したように、
次のような、正当な理由がある場合には、不納付加算税はかかりません。

1、従業員が扶養控除等申告書などを、誤って記入し過少申告となっていた場合

2、災害等により、やむを得なかった場合

3、納付の意志があると認められ、期日から1ヵ月以内に納付した場合

  納付の意志があると認められる場合とは
  期日の月の前月の末日から1年前の日までの間に、
  納税の告知を受けたり、期日後納付の事実がない場合になります。


加算税の金額の5千円未満は、切り捨てとなりますので(国税通則法第119条4項)、
不納付加算税の金額が、5千円未満となるときは、不納付加算税はかかりません。




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ