会費や組合費や入会金の消費税は?

同業者団体や組合などに支払う会費や組合費などが、
課税仕入れになるかどうかは、

その団体から受ける役務の提供などと、支払う会費・組合費などとの間に、
明らかな対価関係があるかどうかによって決まります。



セミナーや講座などの会費は、
講義や講演の対価ですので、課税仕入れとなります。


会費などを支払う側と、受け取る側との間に、
役務の提供や資産の譲渡などの対価にあたらないものとして、
継続して処理している場合は、その処理が認められます。

(そのことを支払者に通知する必要があります)


また、その団体の業務運営に必要な通常会費は、
対価関係がないので、
課税仕入れとはならず、仕入税額控除の対象にもなりません。




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ