時間外勤務が深夜に及んだ場合の宿泊費

従業員の時間外勤務が深夜に及び、
いつもの交通機関を利用しての帰宅ができない場合、

本人の選択で、

タクシー利用に代えて、ホテルの深夜利用を認めて、
そのホテルの利用代金(宿泊費)を会社が負担した場合、


そのホテル代(宿泊費)は、
給与等としての課税の必要はありません。


これは、業務・労働(役務提供)の対価ではなく、
業務遂行上の費用(経費)として考えられているからです。


ただこの場合、退社時刻やチェックイン時刻など記録するなど、
時間外勤務が深夜に及んだことによるホテル利用であることを、
明確にしておく必要があります。

(タイムカード・ホテルのレシートの時刻記録など)





コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ