確定申告を間違えたときは?

確定申告後、その申告期間を過ぎてから間違いに気づいたときの修正は、
税額が多くなるか、少なくなるかで、その方法が異なります。


税額を多く申告していた場合

「更生の請求書」を税務署長に提出し、
税務署が内容を検討し、申告内容に誤りが認められる場合、減額更生を行い、
払い過ぎた税額を還付。

更生請求ができるのは、法定申告から5年以内。


税額を少なく申告していた場合

「修正申告書」(通常の確定申告書と同じ)を作成し、
税務署に提出と同時に納税。

ペナルティが課せられることがあります。


いずれの場合も、間違いに気づいたときは、
速やかに修正申告をする必要があります。





コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ