相続税額の二割加算(2割加算)

相続、遺贈、相続時精算課税係る贈与で、財産を取得した場合、
財産取得した人が、

一親等の血族、配偶者以外の人である場合は、
相続税額の二割(2割)に相当する金額を加算した金額が、
相続税額となります。

※ 2割増し計算の相続税額
※ 代襲相続(だいしゅうそうぞく)人となった孫などの
  直系卑属(ちょっけいひぞく)も、一親等の血族となります

具体的には、被相続人の兄弟姉妹、甥や姪、
被相続人の養子として相続人になった孫などが、
二割加算の対象となります。

ただし、既に実子が死亡して、孫養子が代襲相続人となっている場合は、
二割加算は不要です。





コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ