遺産総額から差し引ける葬式費用と差し引けない費用

葬式費用は、相続時に通常発生するものですので、
遺産総額から差し引きすることができます。

差し引きできる具体的な費用は、

1、遺体の捜索費用、遺体や遺骨の運搬費用

2、遺体や遺骨の回送費用

3、葬式、葬送、火葬、埋葬、納骨の費用

4、お通夜などの葬式前後に生じる通常葬式などに欠かせない費用

5、葬式でお寺などに読経料などのお礼の費用

以上の5項目の費用は、遺産総額から差し引くことができます。


ただ、差し引きできない費用もあります。

その差し引きできない費用は、

1、香典返しの費用

2、墓地、墓石の費用

3、初七日、法事の費用

以上の3項目の費用は、遺産総額から差し引くことができません。





コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ