蛍光灯からLEDランプへの取替え費用は、固定資産か修繕費か?

結論から言えば、修繕費としての処理が相当とされています。


詳しく述べますと、

通常の維持管理や原状回復のための費用は、修繕費となりますが、

固定資産の価値を高めたり、耐久性を増すことになる費用は、
資本的支出となるます。


蛍光灯からLDEランプへのへの取り替えは、
節電効果や使用可能期間が向上(=耐久性の向上)を伴いますので、
資本的支出(固定資産)とも考えられますが、

蛍光灯やランプ球などは、照明設備(建物附属設備)の、ひとつの部品です。

その部品の性能が向上したことをもって、
建物附属設備の価値が高まったとは、考えられません。

(球切れの際に今までより明るい球に交換するのと同じ)

したがって、蛍光灯からLEDランプへの取り替え費用は、
修繕費として処理するのが相当とされています。






コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ