自宅(マイホーム)を売却したときの所得控除

自宅を売却したときには、
譲渡所得から最高3,000万円まで控除できる特例があります。

この特例を受けるには、
現に自分の住んでいるマイホームを売る、という要件がありますが、

過去に住んでいた家を売却した場合でも、
以下の2点の条件を満たす場合は、この特例が受けられます。

1、売却した家屋が自分が所有者として住んでいたものであること

2、自分が住まなくなった日から3年を経過する年の12月31日までに、
  その家屋を売却する場合

「2」の期間を過ぎてから売却した場合は、この特例を受けることはできません。





コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ