医療費控除

自己、自己と同一生計の家族・親族のために医療費を支払った場合は、
一定の金額の所得控除を受けることができます。

この場合、医療費控除の対象となる医療費については、
保険金などで補填を受けた場合は、補填された金額を差し引かなければなりません。

「保険金など」とは、
生命保険の入院給付金や、健康保険の高額医療費、家族療養費、出産一時金
などをいいます。





コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ