背広の支給は給与として課税対象

前回の記事で、制服や作業服の支給は非課税、と書きましたが、

背広の支給は、給与として課税されます。

理由は、制服や作業服と違い、背広は、私用に着用できるものであるからです。

従業員への支給の、課税、非課税の区別は、
前回の記事に記載した、3つの要件が基準になります。




絶対節税の裏技
【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています
お申し込みはこちら



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ