創業記念品などへの給与課税は?

会社の創業の10周年や50周年などの区切りを記念して、
従業員に対して記念品などを支給することは、一般的に行われており、
以下の2点に該当する場合は、非課税となります。

1、社会通念上、記念品としてふさわしいものであり、
  価格が1万円以下であること

2、創業後、相当な期間(おおむね5年以上)ごとに支給するもの


ただし、記念品に代えて金銭や商品券を支給する場合は、
給与として課税の対象となります。


節税対策に必須の簡単青色申告エクセルソフト


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ